小型犬

犬にも椎間板ヘルニアがある|愛犬の負担を減らすコツ

家族で見送ってあげること

中年男性と犬

自宅でできることは何か

ペットを家族の一員として、大切に飼っていても、お別れは必ず来てしまいます。家族が亡くなった時と同じように、ペットにもちゃんとした供養をしようという家庭が年々増えています。ペット供養をすることで、つらい気持ちや悲しみに一区切りをつけるきっかけにもなります。人間よりも寿命の短いペットは、どうしても飼い主よりも先に逝ってしまいます。大切なペットが亡くなった時、飼い主ができることを事前にまとめておき、あわてることなくお見送りしてあげることが大事です。自宅でペットが亡くなった時、まずは体を清めてあげましょう。口元やお尻から体液が出てくることがありますので、そういった部分にはペットシーツやタオルなどを敷いてあげてから体を拭いてあげます。

飼い主が納得のいく形で

亡くなると体が硬くこわばってしまいます。目が開いていたらとじてあげることや、手足が曲がっていたりする場合はリラックスした形に整えてあげましょう。清めた後は、箱や段ボールなどに遺体を安置します。箱がなかったり、体の大きいペットの場合はタオルなどを敷いて運搬するとペット供養の場所まで運びやすくなります。気温が高い日などは保冷剤をいれておくことをおすすめします。飼い主の気持ちが落ち着いたら、ペット供養をしてくれる葬儀屋などへ連絡します。ペット供養は葬儀屋やお寺などでも行っていることがありますので、事前にインターネットなどで調べておきます。ペットは火葬が一般的で、ペット霊園やペット専用の納骨堂に埋葬されますが、自宅に置いておきたい人は自宅で供養することもできます。