イヌ

犬にも椎間板ヘルニアがある|愛犬の負担を減らすコツ

ペットが病気にかかったら

女性と犬

ペットが病気になったら、口コミ情報サイトで評判になっている千葉の動物病院を利用しましょう。病気によっては飼い主にも感染してしまう場合があるので、早めに治療することが肝心です。

子犬のうちから教え込む

犬と猫

犬のしつけは子犬のうちにしっかりすることで、後々ダメな犬になることを防ぎます。かわいいからといって、子犬の頃から甘やかせていると、成犬になってもその癖が抜けず噛みグセやムダ吠えなどで家族や周囲の人とのトラブルにも繋がります。

激しい運動をさせすぎない

獣医と犬

なりやすいタイプの種類は

人間と同様に、犬にも椎間板ヘルニアにかかる場合があります。椎間板ヘルニアは、頭部や胴体の重みを支えている脊椎、特に椎間板の部分に負担が大きくかかることでおこる痛みや炎症の症状です。損傷部分がひどくなると脊髄部分の神経を圧迫し、痛みや麻痺を引き起こします。重症になった犬は、四肢がマヒをおこして動かなくことで歩行困難に陥ったり、排尿や排せつ障害をも引き起こします。なりやすい犬種がわかっていて、ミニチュアダックスフントなどのダックス系・プードル・シーズー・ビーグル・パグなどに多く見られます。椎間板ヘルニアは、激しい運動や飛び跳ねるなどの行動で胴体や頭部へ負担をかけてしまうため、活発な犬であれば若い頃から症状が起こることがあります。

薬や手術で治療可能

骨がもろくなることで椎間板ヘルニアが悪化することもありますので、なりやすい犬種以外でも老化や加齢により発症することがあります。症状が軽度であれば、薬物療法で痛みを抑える治療を行います。その際、活発で行動的な犬であれば、ケージなどに入れて安静にさせることが治療の近道です。しかし、薬物療法で症状が改善しない場合や、症状が重い場合は手術を行うことがあります。手術後の再発防止やリハビリ・ケアの仕方などは担当の獣医師と相談し、行うことが大切です。椎間板ヘルニアになりやすい犬を飼っている人は、予防として激しい運動をさせすぎないことが肝心です。頭部や胴体に負担がかからない工夫をし、肥満にならないように食事管理をきちんと行いましょう。

家族で見送ってあげること

中年男性と犬

ペット供養はペットを飼ってると避けては通れないものです。供養の方法や、遺骨の安置場所などもさまざまですので、家族で相談しみんなが納得のいく形で供養してあげましょう。ペットが亡くなることで飼い主の心のバランスを乱さないよう、納得のいく供養が必要です。